カテゴリー別アーカイブ: 嫉妬

プチ援

大学の頃なんだけど、プチ援してた子がいたの。
それで、割と周りの人も「プチ援くらいならやってみてもいい」とか思ってる子がいて、その子かメインになって、プチ援サークルみたいなのができてしまって・・・。
もちろん、そこそこ可愛い子が多かったの。
それで、そのもとからプチ援してた子も、リピーターさんとかその紹介とかで新規のお客さんもついて、それまではどこかのプチ援紹介のところに在籍してたらしいんだけど、独立してやろうみたいな話になって。
それはいいんだけど、みんなもやる気になってたし。
なんだけど、割と、プチ援してるみたいな噂が大学内で広まりつつあった時に、一人の女がうちらにコンタクト取って来てさ。
「プチ援したいんだけど」って。
いや、普通なら大歓迎なんだけど、その子、それほど可愛くないわけよ。
それに、性格も男受けしない感じの、理系女子っぼい可愛げのない感じ。
トイレフェラの相場は激安の3000円
人が話してても鼻で笑うような?
そういう男が嫌う優等生タイプの女なわけ。
そんなのが、プチ援とかってないでしょ?
一気にうちの評判下がるよ。
それで、プチ援の話は「そんなの噂で、うちらはそんなことしてない」って拒否ったんだ。
だけど、「〇〇さんから聞いたよ」ってしつこく食い下がって来て・・・。
誤魔化せない雰囲気になっちゃって、仕方ないから仲間に入れてやったんだけど、案の定、プチ援の顧客からは非難が殺到。
「あんな子じゃ楽しくない」って。だけど、本人には言えないじゃん。
それで他の私たちがカバーとかフォローしなきゃいけなくて、余計な仕事増やされて大変だったんだ。
車内フェラ
口内射精

ノンケ

相手がノンケだと分かった時点で、もう諦めちゃう人って多いけど、ノンケだからって対象外にしちゃうともったいないよ?
俺は、もともとノンケなんだけど、ゲイの人から口説かれてこっちの世界に来た人間だもん。
ゲイだのノンケだので人を区別してると、人生の半分は損してるよね。
だって、ゲイの人はゲイの人で、やっぱりその人の世界や価値観を持ってるでしょ?
ゲイの人なんて、ノンケの人よりよっぼと感性が鋭かったりするから、ノンケのまんまじゃ気づかない違和感とか新鮮さとか分かってるの。
俺は、とあるネット小説から、そっちの世界に興味持ち始めたんだけど、その時は別に自分がゲイとか同性に興味があるとかじゃなかったし。
実際、その小説の作者の人と実際に会う機会があって、それからだよね。
ゲイとかノンケというよりは、人間としてって感覚。
出会い系サイトにいるノンケ
ゲイの方も、人間として相手を受け入れるとか受け入れられたいとか、そういう気持ちで行為をする、そんな感じなんじゃないかなぁ。
逆にいえば、相手が女性でも同じことだよね。
相手のすべてを受け入れますという態度や心持ちが、そういう行為になるわけだよ。
だから、ノンケだろうがゲイだろうが、人間としてつながるってことは、そういうことなんだと俺は解釈してる。
相手の感性とか考えとか、もっと知りたい、もっとわかりたい。体で触れ合うことが大事なの。
その辺をちゃんと理解してないと、ゲイだからとかノンケだからとか区別して結局人生半分は損することになるよな。
痴女
痴女

神待ち掲示板

神待ち掲示板には大学生とか専門学校生とか、お金に困っているような若い女の子がいっぱい見つかります。僕はその中から可愛い子を見つけるのが大好き。先日は金曜日の夕方、神待ち掲示板で20歳の大学生が「夕飯をごちそうしてくれる人探しています!」と書いていました。20歳ならお酒も飲めるし、僕が「居酒屋なら連れていくよ。」と連絡すると、すぐに「お願いします!」と返事がきました。僕も翌日は仕事が休みだったので、夜遅くまで遊べるとテンションが上がりましたね。

渋谷の駅近くで待ち合わせをして、そのまま近くの居酒屋に入りました。大学生では少し入るのをためらってしまうような、価格が高めの居酒屋です。彼女も喜んでいたので、店選びは大成功!「好きなものを頼んで!」というと、肉料理ばかり注文していたので、今夜はやれそうな予感がします。お酒は強くないという彼女ですが、カクテルを2杯ほど飲んだあたりから饒舌になってきました。
家出 泊めて

彼女は今までにも神待ち掲示板を利用したことがあったそうで、でも怖くて体を許したことが無いとのこと。でも僕だったらやさしいし、やってもいいと言うではありませんか。あまり積極的に攻めなかったのが功を奏したようで、無事にホテルまで連れ込むことに成功しました。

最初は恥ずかしがっていた彼女も、ゆっくり愛撫してあげると次第に大胆に・・・私の手を自分のオマンコに誘導し、早く触ってくれと懇願してきます。焦らされたからか、彼女のオマンコはとても湿っていました。それでもゆっくり愛撫を続けると、それだけで何回も彼女は最高潮に。最後は僕の上に跨って、腰を振っていました。彼女の方が何回も僕を求めてきたので、後半は少し疲れてしまったのが残念です。
神待ちアプリ
家出少女