オフパコ

エロチャットなんかにも飽きてきたので、俺はオフパコ目指してナンパに出た。
幸い1時間ほど狩りをすると、一人の女の子が飲みについてきてくれると言った。
俺は、よしよしと思いお酒を飲みながら、さらにオフパコに誘うと、彼女は少し考えたが、「まぁいいよ~」と言いながらついてきてくれた。
ホテルに入ると、お酒に酔ったのか、彼女はベッドに寝転がってふーっと深い息をはいた。
そんな風に言いながら、酔いの所為か目を潤ませている彼女が魅力的で、俺は「苦しそうだからブラジャー外してあげるねー」と言いながら脱がせた。
意外にも嫌がらずに、ブラジャーを取らせてくれた。
彼女は、「なんか気持ちいよぉ~」とケタケタ笑っていた。
俺は、白い肌が上半身むき出しになっているのが綺麗で、そっと撫ぜると、彼女は「んっ」と高い声をあげた。
目をつぶっている彼女の上に覆いかぶさっておっぱいに舌を這わせると、彼女が身をよじる。
同意の上だとは言え、酔ってる女の子に悪戯するのは背徳感があって、いつも以上にドキドキした。
裏垢女子のJKと初回だけ援交のはずがフィリピーナが登場
自分も服を脱ぎ、彼女の服もすべてはぎとる。
彼女は、抵抗らしい抵抗もせず、「恥ずかしいよぉ~」とまたケラケラと笑っていた。
その後も、俺がおっぱいやマンコに舌を這わせると、彼女はいい声で鳴いてくれた。
暫く愛撫を続けると、体がつらくなってきたのか、ずっとつぶっていた目を開けて、
「お願いぃ~もう、中欲しいのぉ~おっきいのちょうだーい」とおねだりしてきた。
潤んだ瞳でそんなことを言われて、断れる男はいないと思うのだが、俺ももちろん即座にOKして、自分の反り立ったものを彼女の中に差し込んだ。
彼女はさっきよりもさらに大きい声で喘いで、俺の背中に爪を立てた。
俺はしがみつく彼女が可愛くて、さらに奥を何度も責め立てた。
たまにオフパコするとやっぱり生は気持ちいって分かるよねー。
俺はベッドの上でたばこを吸いながらぼんやりと考えた。
コミケでオフパコ
オフパコ

オナ指示

家にいてもエッチなことができるのは便利ですね。私は引きこもりなので、エロチャットは必需品。毎日のように知らない男にオナ指示をしてもらっています。最近は自分がMなのでは?と気づき始めたので、オナ指示も命令形でお願いしています。エロチャットをしている男の多くはSなので、喜んで命令してくれるので助かります。

週に2回はエロチャットする相手がいるのですが、その男はかなりのS。でも彼も現実ではなかなかSMプレイができないこともあって、エロチャットで責めのオナ指示をして欲求不満を解消しているみたい。最近はオナ指示もどんどん激しくなってきて、家にあるものをオマンコの中に突っ込むように言われます。最初はボールペンからスタートして、キュウリやニンジンなどの野菜も用意させられました。私も最初は恥ずかしかったのですが、太いものを突っ込むようになると快感に変わってきたのです。目の前にいる男に突っ込まれているかのような気分になり、本当にチンチンを挿入されている感覚になれます。
オナニー

最近ではアダルトグッズを準備するように言われたので、自分でバイブを購入しました。先端が回転するバイブで、全体に突起がついています。エロチャットで初めてそのバイブを使ってみたのですが、自分で思っていたよりも激しい刺激が伝わるので、数分でイってしまいました。その様子を見てかなり罵られましたが、それも快感です。彼には勝手にバイブでオナニーをするなと言われているので、エロチャットをする以外ではバイブは使わないように我慢しています。どんどん彼のオナ指示がグレードアップしていくので、次は何が待っているのだろうといつもドキドキしていますが、反面楽しみで仕方ない自分もいます。

テレフォンセックス
センズリを見せる

アプリで知り合ったセフレ

「真弓の彼氏ちょー、羨ましいんだけど。」「彼氏?」「とぼけなくていいよ。この前腕を組んで歩いている姿見かけたよ。」「あっ、私も前に見たことがある。EXILEにいるようなコワモテタイプだよね。羨ましい。」

2人の友達に羨ましがられる私。でもそれは誤解だ。私には彼氏もいない。いるとしたらアプリで知り合ったセフレだけ。たぶん友達はアプリで知り合ったセフレと一緒の姿を見たんだなと思いました。このセフレには彼女がいるのに私と会っている。「何故、彼女がいるのにアプリでセフレを見つけているの?」「彼女とやっても全く気持ちよくないし満足出来ないから。真弓はどうしてアプリをしているの?真弓くらいの可愛い子ならすぐ彼氏できそうなのに。」「ありがとう。でも今は彼氏は欲しくないの。私を自由に遊ばせてくれる人だけでいいから。」こうして、アプリで知り合ったセフレと付き合いが続いている。
セフレアプリで複数の男性をセフレにしてセックスをしまくってます

それから1年。相変わらずこの男と付き合いは続いていたけれど「最近、彼女とうまくいっていない。て、言うより気持ちが冷めてきたよ。真弓の方が俺好きなんだけど。」と、言われてしまった。嬉しいのかどうかわからない。でも、この人は私を自由にさせてくれるから、この人と付き合うのは別にいいかと思ってしまう。

「ねぇ、真弓。まだ彼氏とうまくいっているの?今度私にも会わせてよ。」「私も会いたいん。」あの時は会わせられないけれど、今本当に付き合うことになった。後日、友達に彼を紹介しました。
LINE掲示板アプリ
出会い系